お金を持つ人

老後の生活資金の確保

積み木と電卓

現在は個人で資産を保有しておく必要性が高まっています。その背景としては景気の悪化などがあります。貯金をするだけではお金は大して殖えませんので、不動産投資などの資産運用が必要です。中でも人気があるのがマンション経営です。

不慣れでも経営できる秘訣

ウーマン

空室があっても所持している賃貸物件から安定した収入が毎月得られるのが、家賃保証を利用する目的です。けれど、業者にすべて任せてしまうことによって起こってくるデメリットにも気を付ける必要があり、知識を十分に得てから検討することが大事です。

退職後の投資

お金と電卓を持つ人

退職金を利用して不動産投資を始めることは、賢い選択と言えます。なぜならば、安定した家賃収入を得ることが出来ますし、売却をすることで、まとまったお金を手にすることもできるからです。不動産投資は老後の生活資金を得るために、有効な投資方法と言えます。

人気の投資です

模型を持つ男女

預貯金金利の低下や、年金不安により、様々な投資手法が注目されていますが、その中でも特に注目を浴び活況なのが収益物件を購入して運用する方法です。収益物件とは、毎月一定の家賃収入が見込める不動産、すなわち一棟売りのアパートや賃貸マンション、商業物件を指します。収益物件を購入して、家賃収入を得て、利回りを得ようという方法です。株式やfx程のリスクもなく、収益物件自体に抵当をつけて融資を受けて購入する事も出来ますので、購入金額全てを自己資金で賄わなくても購入が可能です。家賃は、急激に値下がりするリスクも少なく、入居も比較的長期に及ぶ事からも大幅な収入源も考えにくい事からも安定的な資産運用として購入される方が多いのも目的の一つでしょう。

収益物件は、家賃収入を得るほかにも、地価の値上がりや地域の相場の値上がりを受けて、売買益が見込めることもあります。家賃収入というインカムゲインだけではなく売買益というキャピタルゲインを得る可能性もあります。また、節税効果も期待されます。家賃収入よりも経費が上回った場合は、所得税や住民税の節税効果や相続税に対する対策にも役立ちます。また、一棟売りのアパートや賃貸マンションの場合、退居があったとしても、全ての家賃収入無くなるわけではありませんので、家賃収入は定期的に安定して入る事が期待できます。収益物件を更に投資して付加価値を挙げて家賃を上げて利回りを上げる方法もありますので、様々な投資メリットが有るといえます。